化粧や化粧品に対する疑問を解決!

化粧水やクリームなどの基礎化粧品の中で最も重要なのは実は洗顔だということ、ご存知ですか?スキンケアのファーストステップといえる洗顔、正しいやり方を意外と知らないという方も。ここでは洗顔について徹底的に見てみることにしましょう。

基礎化粧品の中で最重要視すべきは洗顔!

洗顔はスキンケアの基本となる大切な要素。

洗顔で顔についた皮脂、メイク、大気中の汚れを落とすことはもちろん、古い角質を落として肌のターンオーバーを促すことも洗顔の重要な役割の一つです。

ここできちんとした洗顔ができていないと、汚れが落ち切らず肌荒れの原因となったり、次に使うアイテムの吸収を妨げたりすることになります。

その重要な洗顔の際に使用する洗顔料は、基礎化粧品の中で最重要視すべきアイテムであるといえるでしょう。

ニキビ知らずの肌に!10代におすすめの洗顔料3選

10代のお肌は皮脂が過剰に出やすい状態であり、その余分な皮脂がニキビの原因となることが多々あります。そのためきちんと皮脂を落とすことが必要となります。

皮脂をしっかりと落とした後は十分な保湿をし、肌の水分バランスを保つことも大切です。

プロアクティブ/スキンスムージングクレンザー

ソフトスクラブ配合で肌を傷つけることなく余分な皮脂や角質をきちんと落とします。

高い殺菌作用の有効成分であるサリチル酸を配合することにより、ニキビをひきおこす

原因菌をおさえ、ニキビを予防する薬用洗顔料です。

どのタイプの肌にも使用できます。

  • 120g 5,900円(税込)

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%82%A2%E3%82%AF%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%96-Proactiv-%E3%82%B9%E3%83%A0%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%83%B3%E3%82%B0-%E3%82%AF%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%82%B6%E3%83%BC-120g/dp/B01CNG3YW4/ref=pd_sim_194_2?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=RCAYXPNEM2VM87N5N9F4

ロゼット/洗顔パスタ 普通肌

親子三代にわたって愛用している方もいるという、超ロングセラーのロゼット洗顔パスタ。

イオウを含んだ温泉が美肌効果をもたらすことに着目し、微細なイオウパウダーを独自技術でペーストに練りこみました。

イオウ以外にも甘草エキスやピオニンがニキビや肌荒れを予防、ココナッツオイルやオリーブオイルが肌の潤いも守ります。

  • 90g 702円(税込)

https://rosette.jp/products/detail.php?product_id=15

NOV/A アクネフォーム

思春期のニキビ肌をシンプルにケアしてくれるノブの洗顔料。

余計なものは一切入れず、基本の洗顔と保湿に必要なものだけを使用しているので、敏感に傾きがちな肌も安心です。

オイルフリー処方ですっきりとした洗いあがり。肌をニキビのできにくい状態へと導きます。

  • 70g 864円(税込)

http://noevirgroup.jp/nov/g/g57202/

突然の肌トラブル予防に!20代におすすめの洗顔料3選

20代の肌は10代のように皮脂分泌が盛んな時期は過ぎ、ホルモンも安定して分泌されるようになり、肌の状態が安定してきます。

23歳前後が一生のうちで最もお肌が美しい時期という説もあるほど。

しかし25歳を過ぎたころから、実は目に見えない肌内部で老化は始まっているともいわれています。

そのため思いもよらないトラブルに突然見舞われることもあります。

20代の洗顔は必要な潤いまで落とさないようにし、インナードライスキンを防ぐこと。

そして実感はなくとも、肌老化スピードを遅らせることが大切です。

オルビス/薬用 クリアウォッシュ

この洗顔料の最大の特徴はふわふわのへたらない弾力のある泡。

バウンドリッチ処方のこの泡が顔に乗せてもだれたりすることなく留まり、成分を角質層まで届けられる状態へと整えてくれます。

甘草由来のグリチルリチン酸ジカリウムや紫根エキス、ヨクイニンエキス配合でニキビを防ぎ、肌の潤いを保つよう導きます。

  • 120g 1,300円(税別)

https://www.orbis.co.jp/small/1101100/

D.U.O./ザ フォーム

これ一本で洗顔のみならず、リペアマスク、マッサージまでこなしてくれる一石三鳥レベルの洗顔料。

泡立て不要で使いやすく、時間のない朝の洗顔にも便利です。

ワンプッシュで出てくる密着感のある泡が、キメの奥の汚れまできちんと落とし、ほんのりとした温感でマッサージケアも同時進行。

さらにハリや弾力をもたらすコラーゲンや、19種ものアミノ酸などを始めとする35種類ものエイジング成分でマスクケアまでしてくれます。

女性に嬉しいローズ精油の香りにも癒されます。

  • 150g 3,000円(税別)

  • 定期購入 2,400円(税別)

https://www.duo.jp/item/form/

クレンジングリサーチ/ウォッシュクレンジング

毎日の洗顔をしながら角質ケアができるAHA配合。

泡うたびに不要な角質をきちんと取り除いてくれるので、ターンオーバーがきちんと行われやすくなり、つるつるの透明感のある肌へと導きます。

みずみずしいアップルの香りも面倒な洗顔の時間を楽しみなものにしてくれそうです。

  • 145g 1,000円(税別)

http://www.bcl-brand.jp/product/product-1026/

皮脂落とし&くすみ対策!30代におすすめの洗顔料3選

30代になると、20代のころとは違い肌のエイジングサインをはっきり自覚するようになります。

20代の頃は一晩で回復した肌状態がなかなか元に戻らなかったりするようになり、ターンオーバーも乱れがちに。

どんよりとしたくすみを感じることも多くなるので、ピーリング洗顔料でくすみ対策を始めましょう。

またこのころから肌バリア機能の低下が始まる上、ホルモンバランスの乱れなどで乾燥しやすくなったり、逆に皮脂が過剰に分泌されることも。

年齢に見合った、20代までとは違うケア法が必要になってきます。

トランシーノ/薬用クリアウォッシュ

保湿クリーム成分を約50%も配合、まるで上質なクリームで洗顔しているような心地よさで、しっとりとした洗いあがり。大人の肌を徹底して保湿してくれます。

また30代肌の悩みでもあるくすみも原因ともなる毛穴の奥の酸化皮脂や古い角質をきちんと取り去り、透明肌に導きます。

アケビアエキスや尿素も配合、洗顔の時点からしっかりエイジングケア。

  • 100g 1,800円(税別)

https://www.amazon.co.jp/%E3%83%88%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%8E-%E7%AC%AC%E4%B8%80%E4%B8%89%E5%85%B1%E3%83%98%E3%83%AB%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%82%A2-%E8%96%AC%E7%94%A8%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5-100g/dp/B01N9QYZ5W

マックス/肌楽プラセンタ 洗顔フォーム

エイジングや美白にと注目のプラセンタ。

効果は高いと評判ですが、濃度の高い原液だと刺激が強いとされ、敏感肌の方はなかなか使用しにくい面がありました。

この洗顔フォームはその問題に焦点を当て、敏感肌の方でも安心して使用できる低刺激プラセンタを使用。

十勝平野の自然の恵みを受けて育った、健康な豚由来のプラセンタを独自の技術で高度に精製して開発された低刺激プラセンタは浸透率が高く、バリア機能の強化や潤いをアップ。

敏感肌でもプラセンタの実力を実感できる嬉しい洗顔フォームです。

  • 150ml 2,400円(税別)

http://hadaraku.com/

Mocchi SKIN/吸着泡洗顔

伸びるほどしっかりしたもちもちの泡が毛穴の汚れをしっかり吸着。

くすみも絡めとり、見違えるようなしっとりもち肌を目指します。

酵素やクレイが泡との相乗効果でお肌を大掃除。

肌の水分を保つ働きを持つハチミツやビタミン豊富なオーガニックバオバブオイル、貴重なアルガンオイルも配合。

肌の潤いもしっかりと守ります。

  • 150g 1,800円(税別)

  • 3本セット 5,100円(税別)

https://joygirl.jp/user_data/mocchi-fb.php

肌への刺激を最低限に!40、50代におすすめの洗顔料3選

いよいよ本格的なエイジングケアが必要となる40代、50代。

今まで浴び続けてきた紫外線などがシミになって現れたり、潤いが保てないことによって大きなしわができてきたりと見た目にも年齢が現れ始めます。

この年代の肌トラブルはほとんど全てといってもいいほど、乾燥が根本的な原因となっています。

入念な乾燥対策はもちろん、なるべく低刺激のケアをして肌をいたわっておげることが重要になります。

花印(ハナジルシ)/保湿補水洗顔クリーム

泡立ちがよく、肌の汚れや皮脂をしっかりと抱え込んで落とし、肌のべたつきを抑えます。

コラーゲンや8種類のアミノ酸を配合、成熟した大人肌に嬉しい潤いを保つ処方です。

肌の保水力に焦点を当て、角質層にしっかりと潤いを届け、みずみずしさをたたえた透明感のあり健康な肌へと導きます。

  • 150g 448円(税込)

http://www.hanajirushi.jp/SHOP/10000006.html

オリリー/クリーミィ エッセンス フォーム

モロッコ産の高品質なクレイ、ガスールを配合。肌に蓄積してエイジングの要因ともなりうる汚れや角質を肌負担なく優しく取り除きます。

このガスールは豊富なマグネシウムやミネラルを含有。ガスールが水になじむときにこのミネラルがイオンとなり、より肌の奥深くに浸透し、水分保持をサポート。

クロレラエキスやマリンコラーゲン、大豆エキスなど年齢を重ねた肌に嬉しい成分も配合されています。

付属の専用泡立てスポンジで、泡立ても楽々。弾力のある肉厚の泡で優しく洗顔しましょう。

  • 120g 専用泡立てスポンジ付 3,000円(税別)

https://www.amazon.co.jp/%E3%82%AA%E3%83%AA%E3%83%AA%E3%83%BC-%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%9F%E3%82%A3-%E3%82%A8%E3%83%83%E3%82%BB%E3%83%B3%E3%82%B9-%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%EF%BC%88%E6%B4%97%E9%A1%94%E6%96%99%EF%BC%89/dp/B014GSA54W

カバーマーク/ミネラルウォッシュ

炭の4倍といわれる高い吸着力を持つクレイが、潤いを残したまま汚れだけをしっかり吸着。

配合成分のセラミドⅢとブロリン、マリンコラーゲンが肌と同じ油分と水分の層を形成、バリア機能をサポートし乾燥を防ぎます。

なめらかでキメの整った肌をもたらすユキノシタエキスやカンゾウ葉エキス配合。

落として潤すを実現してくれる成熟肌には頼もしい洗顔料です。

  • 125g 3,000円(税別)

https://www2.covermark.co.jp/contents/cleansingbiyou1407/products_wash.html

洗顔料についてもっとみる

自分はどれ?4つの肌質&2つの肌状態別特徴と対策法

普通(ノーマル)肌

皮脂が多くてべたつくこともなく、かといって乾燥してつっぱったりすることもない、皮脂量と水分量のバランスが取れた理想の状態が普通(ノーマル)肌です。

健全な肌の状態でバリア機能がしっかり働き、刺激への耐性も強く肌荒れしにくいタイプです。

潤いも逃がさずしっかりと保持でき、メイクののりがいいので仕上がりの美しさが持続します。

使用できる化粧品の種類が多くあることも、普通肌の特権といえるでしょう。

乾燥(ドライスキン)肌

皮脂量、水分量共に少ない肌タイプで、常に乾燥して、潤いを保つことができにくくなった状態です。

見た目的には普通肌と変わらなくても、肌の内部が乾燥してしまっているインナードライ肌もこの乾燥(ドライスキン)肌に含まれます。

肌のバリア機能が低下し、肌荒れを引き起こしやすい状態が続きます。

角質層の保湿がきちんとできないので、化粧品などで潤いを与えてもなかなかしっとりと肌を保てないということになります。

脂性肌(オイリー肌)

皮脂量、水分量共に多いお肌で、皮脂の分泌量のバランスが崩れてしまっている肌タイプです。

比較的若い世代に多く、40代、50代になるとあまり見受けられなくなるとも。

過剰に分泌された皮脂が肌の上で酸化し、ニキビ・吹き出物の原因となったり、すでにあるぶつぶつを悪化させたりします。

また角栓ができやすく、毛穴の開きが気になることもあります。

肌がべたつき、テカリの原因となったりメイクが崩れやすいという問題も見過ごせません。

混合肌

部分的に乾燥肌やオイリー肌が混在した複雑な肌タイプで、もともと乾燥肌や脂性肌の方が一時的に混合肌になる場合もあると言われています。

額や鼻周辺のいわゆるTゾーンは脂性肌、目元や口元などは乾燥肌といったパターンが多いそう。

バランスを崩しやすく、大人ニキビができやすいタイプの肌でもあります。

部分部分の肌状態をしっかりと見極めて、部分別のケアを徹底することが大切なポイントと言えそうです。

敏感肌

肌のバリア機能が低下、もしくは保てなくなり、ちょっとした刺激などにも耐えられず炎症を起こしてしまったり、かゆみやひりつきを感じてしまう肌がこのタイプに当たります。

化粧水がしみる、新しい化粧品を試すとトラブルを起こしやすいというのも敏感肌だと言えます。

原因は様々であり、ストレス・食生活の変化、アレルギー体質、また環境の変化などが引き金になることもあるようです。

低刺激の敏感肌用化粧品で優しくいたわってあげるようにケアしましょう。

年齢肌

年齢を重ねた肌はエイジングサインが顕著に表れるようになってきます。

シミやしわが増えたり、たるみが気になるようになります。

ホルモンバランスの変化も見られるようになり、新陳代謝が衰え、肌のターンオーバーの周期が長くなる傾向があります。

一度起きた肌トラブルがなかなか回復しないようになるのはそのため。

年齢肌用ケアでしっかりと潤いと栄養分を与えることが大切です。

洗顔料は大きく4種類!それぞれの特徴は?

顔を洗うための洗顔料は石けん、そして洗顔フォームがあります。

洗顔石けんは、文字通り石けんで洗う洗顔料です。

洗顔フォームは、合成界面活性剤で洗う洗顔料です。

合成界面活性剤という名を聞いたことがある方もいると思いますが、油を水で流す為に合成界面活性剤で乳化させ、水で流れやすい状態になっているのです。

固形石鹸タイプ

昔からある定番のタイプですが、これが意外と侮れません。

固形石鹼のベースとなる石鹸素地は植物油脂から作られ、汚れはしっかりと落としてくれますが必要な皮脂はきちんと残してくれます。

余分な油脂を添加していないので、そのあとに使う化粧水や美容液の浸透を邪魔しません。

洗顔本来の目的をシンプルにしっかりと果たしてくれます。

天然成分をメインに配合したものも多く、合成界面活性剤を使っていないので刺激が気になる方なども自分の肌に合った物を見つけやすいといえるでしょう。

洗顔石鹼を使用する際は、泡立てネットなどを使ってしっかり泡立てることがポイントです。

フォームタイプ

現在流通している洗顔料の中で最も一般的なタイプがこのフォームタイプでしょう。

チューブに入っていて、必要量だけ取りだして使用できるので無駄も少なく、価格帯もお手軽なものが多いのでコストパフォーマンスが高い印象があります。

このフォームタイプは合成界面活性剤が使用されているものも多く、敏感肌の方には刺激が強すぎることもあるかもしれません。また強力に皮脂を取り去るので、乾燥肌の方はつっぱってしまうことも。

脂性肌の方にはこのくらいすっきりした洗いあがりがいいという声もあるようです。

フォームタイプの洗顔料は、適量を出ししっかり泡立てる必要があります。

泡タイプ

ポンプ式で、プッシュすると泡状で出てくるタイプの洗顔料です。

自分で泡立てる面倒がなく、しかも細かい弾力のある泡が出るので使い勝手がよく、近年種類も増えています。

質の高い泡のおかげで摩擦による肌への負担が小さいのも特徴でしょう。

他のタイプに比べて最近登場したアイテムだけに、これからの進化が期待できます。

ジェルタイプ

ジェルタイプは水分が多いため使用感がひんやりとしており、その清涼感が好まれ人気が出てきています。

特に暑い季節に向けて発売される洗顔料に、ジェルタイプが多い傾向があります。

水分が多い分泡立てやすい反面、弾力のあるしっかりした泡が作りにくいという面もあるようです。
すっきり洗いあがり、洗浄力は高めです。

心地よさからついつい肌の上に置きすぎてしまいがちなので、意識して適度なところで洗い流すように心掛けましょう。

正しい洗顔のポイントを覚えましょう

手を綺麗に洗う

せっかくいい洗顔料に巡り合ったとしても、汚れた手で洗顔していては意味がありません。

雑菌などの手についた汚れがそのまま肌に付着することになります。

また、泡立てるタイプの洗顔料を使用している場合は泡立ちが悪くなる原因ともなります。

よく泡立つようにするためにも、洗顔は清潔な手で行うようにしましょう。

Tゾーンを最初に優しく洗う

顔の中でも特に皮脂量が多めのTゾーンは、最初に洗うようにしましょう。

皮脂が残って角質が残ったり、毛穴の奥に汚れがたまりやすい部分なので、一番最初に洗顔料を乗せてしっかりと洗うことが必要です。

その時こすったりせず、優しく泡を転がすようにして洗いましょう。

指で洗うのではなく泡で洗う感覚です。

先に皮脂の少ない口元や頬などに洗顔料を乗せてしまうと、肌の負担が大きくなり乾燥などの原因となることがあります。

目元、口元は優しくなぞる程度

皮膚が薄く乾燥しがちな目元や口元は、優しくなぞるように洗顔するだけで十分です。

顔の中でも最もデリケートな部分なので、ゴシゴシ洗ったりするとしわなどを引き起こす要因となってしまいます。

目元、口元はこすらないように、が鉄則です。

すすぎは20回程度を目安に&ぬるま湯で

洗顔の過程ですすぎは最も大切なポイントです。

洗顔料が顔に残らないように、しっかりと確実にすすぐことが重要です。洗顔料残りはニキビなどの原因になり、せっかくの洗顔が逆効果になってしまいます。

またすすぎに使用するお湯の温度も大切。

熱すぎると肌に必要な皮脂まで奪ってしまい、逆に冷水だと毛穴が開かず汚れを落としきることができません。

33~36℃程度のお湯で20回程度、しっかりとすすぎましょう。

顔の水滴はタオルでこすらず押し当てて取る

すすぎが終わっても、まだ洗顔は終了ではありません。

顔の水滴をふき取るときにも、気を付けてほしいことがあります。それはタオルを優しく肌に押し当てるようにして水滴をふき取ること。

ゴシゴシこすると肌に傷がつくので、あくまでも優しく、を意識しましょう。

洗顔後はすぐさま保湿をする

洗顔後の肌は一時的に肌表面に皮脂がなくなり、とても無防備な状態です。

そのまま放置するとどんどん肌の水分が蒸発してしまい、過乾燥を引き起こす原因となります。

洗顔後は直ちに保湿し、お肌の潤いをキープしましょう。

洗顔を正しく行いすこやか肌をキープしよう!

毎日行う洗顔ですが、肌タイプに合わせた洗顔料の選び方や、洗顔料のタイプによる違いなど、なかなか奥が深いものですね。

スキンケアの最初の手順である洗顔がきちんとできていないと、そのあとどれほど効果の高いケア用品を使用してもその能力を発揮しきれないことになりかねません。

自分に合った洗顔料を選び、正しい手順で洗顔して健康で美しい肌をキープしましょう!

「化粧でニキビ隠しをしたい」と考える人も多いですよね。でもやり方を間違ってしまうとニキビが悪化し、逆に目立ってしまうこともあります。そこでニキビを悪化させることなく上手にニキビを隠す化粧の仕方を徹底解説していきます。

化粧でニキビを隠したい!

ニキビができるとすごく目立つため、何とか化粧でニキビを隠そうと必要以上にファンデーションなどを厚く塗ったりして隠そうとする人も少なくありません。でもニキビができている肌はとてもデリケート!厚塗りなど間違った化粧方法はニキビが増えてしまったり、中々治らないなどトラブルに発展することも珍しくありません。そこでニキビを隠す化粧方法はもちろん、ニキビを早く治す方法も大公開!ニキビで悩んでいるそこのアナタ、今日から賢く化粧をしてニキビに悩まない日々を過ごしましょう。

ニキビがあっても化粧は必要?

そもそもニキビができている時の化粧は、肌に負担がかかるからやめた方が良いのでは?と考える人もいますよね。では実際どうなのか詳しく見ていきましょう。

ニキビは刺激に弱い!

ニキビができてる時の肌は、バリア機能も低下していることも多くとてもデリケート。ちょっとした刺激でも肌にダメージを与えてしまうことも少なくありません。そのため素肌の状態で外に出てしまうと、ダイレクトに紫外線のダメージを受けてしまいます。

紫外線をダイレクトに浴びることで

  • 活性酸素が増えてしまい、ニキビの炎症がひどくなってしまう

  • バリア機能が低下し肌が乾燥することで、皮脂が過剰分泌しニキビができやすくなる

  • 肌を紫外線から守るため皮脂が厚くなることで、毛穴が詰まりやすくなる

などニキビが悪化したりできやすい状況を作り出してしまうんですよ。ですので化粧を全くしないというのも良くありません。

化粧の厚塗りはNG

ニキビができると、ついつい厚塗りして隠そうとする人もいるでしょう。でも厚塗りは良くないんです。なぜならあまり化粧を厚く塗りすぎてしまうと、洗顔をしっかり行っても汚れが残る可能性があります。汚れが残ってしまうと毛穴詰まりの原因になり、新たにニキビができてしまったり悪化してしまうんです。

ニキビが新たにできてしまったり悪化してしまうと、そのニキビたちを隠すためさらに化粧を厚塗りする必要が出てきてしまい、悪循環を引き起こしてしまいます。そのため化粧の厚塗りは避けましょう。

ニキビ隠しには下地?コンシーラー?

ニキビをうまく隠す場合、化粧下地やコンシーラーを使うことが多いですが、ではそれぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

下地のポイントは「お肌に優しい成分」

ニキビができている肌は肌バリア機能も低下しているため、ちょっとした刺激でも肌トラブルを引き起こしてしまうことも少なくありません。そんな中刺激の強い化粧下地を付けてしまうと、ニキビを悪化させる原因にもなってしまうので、お肌にやさしい成分のものを選ぶようにしましょう。特に人工香料や着色料・パラベン・アルコール類は肌に負担が掛かってしまうため避けてください。

ちなみにどれを買って良いのかわからないという人は、「ノブ ベースコントロールカラーUVナチュラルイエロー」がオススメ。ベースコントロールカラーUVナチュラルイエローは無香料・エタノール色素不要で低刺激なのが特徴の下地です。また自然な黄色のカラーで、ニキビからくる赤みをしっかり隠してくれます。紫外線防止効果はもちろん、ヒアルロン酸やスクワラン配合で、肌を整えニキビ解消にも一役買ってくれるんですよ。

 

購入はこちらから

内容量:30g  価格:2700円(税込)

http://noevirgroup.jp/nov/g/g52307/

コンシーラーのポイントは「化粧に馴染ませる」

コンシーラーを使ってニキビ隠しをしようとしても、手に力が入ってしまい逆にニキビが目立ってしまうことが多いんです。では簡単にニキビ隠しを行うためにはどうすれば良いのかというと、「コンシーラーブラシ」がオススメ。コンシーラーブラシを使うことで手に余計な力が入らないため、うまく馴染ませることができるんです。

コンシーラーブラシを使うポイントですが、肌と垂直になるように持ちやさしく馴染ませていきましょう。その後ファンデーションを抑えるように馴染ませていくと、ニキビがキレイに隠れますよ。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビの2種類あることを知っていますか?ではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因

思春期ニキビとは、主に10代の思春期の時期にできるニキビのことを言うんです。思春期には急激な体の成長に伴い、成長ホルモンがたくさん分泌されます。この成長ホルモンが皮脂腺を刺激し、過剰に皮脂が分泌するため毛穴が詰まりニキビができるのです。そのため思春期ニキビは皮脂の分泌が多い、鼻や額などのTゾーンによくできる傾向にあります。

大人ニキビは生活の乱れが原因

大人ニキビとは思春期が終わり大人になってからできるニキビのことを言います。主な原因には睡眠不足・ストレス・飲酒や喫煙・間違ったスキンケアなど、生活習慣の乱れが主な原因です。

特にストレスや不規則な生活などでターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れると、古くなった角質が溜まることで毛穴が詰まりやすくなることでニキビができやすくなります。また肌の乾燥もニキビの原因の一つです。肌が乾燥すると肌を守るため皮脂が過剰に分泌されてしまい、ニキビができやすくなります。ですので大人ニキビの場合は、肌が乾燥しやすい顎などのUゾーンにできる傾向にあるんです。

思春期ニキビと大人ニキビ、できやすい場所もできる原因も全然違いますので、それぞれの原因をしっかり覚えておいてくださいね。

化粧をする前にできること

化粧をする前にしておくと良いことがあります。では何をしておくと良いのか詳しく見ておきましょう。

ニキビ撃退のポイントは「肌の水分と油分」

ニキビができた時、化粧水や乳液を使わないという人もいるでしょう。特に乳液はニキビの原因になる油分を足してしまうため、避けた方が良いなんて言われています。でも乳液は肌内の水分が外へ蒸発してくれるのを防いでくれるため、実は乾燥が原因のニキビにはとても大切なアイテムなんです。

特に大人ニキビの場合乾燥が原因でニキビができることが多いため、化粧水はもちろんのこと乳液も使い、水分を外に逃がさないようにすることがニキビ改善の近道になります。

化粧をする前にもしっかり保湿しよう

化粧をする時、特に保湿などをせずそのまま化粧を行う人も多いのではないでしょうか。でも乾燥した状態の肌に直接化粧をしてしまうと、毛穴やニキビ跡などの凹凸、シワなどが目立ちやすくなってしまいます。また乾燥した状態で化粧を行うと、より肌が乾燥してしまうためニキビができやすくなる原因になってしまうんです。そのため化粧を行う前にも、しっかり化粧水を付け、肌に潤いを与えてあげてくださいね。

簡単にニキビを治せるシールがある?

最近若い女性の間で話題となっている「ニキビを治せるシール」の存在を知っていますか?シールを貼るだけでニキビが治ったら嬉しいですよね。そこでニキビシールについて詳しく解説していきましょう。

シールを貼れば寝ている間にニキビが治る!

ニキビシールとは殺菌作用や抗酸化作用のある有効ールのことです。このシールを8~12時間程度患部に貼るだけ。とても手軽なうえ、シールタイプなので寝具などを汚すこともないので、寝ている間に貼っておけるという点も人気を集めている理由です。

ニキビシールは元々韓国でニキビを治す方法として利用されていたシールなので、韓国メーカーのものが多いですが、最近では日本メーカーのものも出てきています。ちなみに日本メーカーのものだと小林製薬の「ビフナイトパッチ」がオススメ。ビフナイトパッチは殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」と、抗炎症成分「β-グリチルレチン酸」配合。寝ている間にこれらの有効成分が、ニキビにしっかり働きかけてくれます。値段も500円以下と手軽なのも嬉しいですよね。

 

購入はこちらから

楽天 入り数:16枚入り 価格:430円(税込)

http://item.rakuten.co.jp/genky/4987072006368v9/

ニキビ薬+絆創膏で即席シール?

「急にニキビができてしまった、今あるニキビ薬で何とかしたい」そう考える人もいますよね。実はニキビ薬と絆創膏で即席のニキビシールを作ることができます。やり方は簡単。

  1. 洗顔後、化粧水と乳液で肌を整える

  2. ニキビ薬をニキビに塗る

  3. 絆創膏をニキビのサイズに合わせて切り、ニキビに貼る

ただこれだけでOKです。

とても簡単なので、興味のある人はぜひ試してみてください。

正しい化粧でニキビを撃退しよう!

ニキビができてしまった肌には、全く化粧をしないのも良くないですし、逆に厚化粧もNGということがわかりましたよね。また化粧下地やコンシーラーをうまく使うことで、ニキビは上手に隠すことができます。

ただ化粧でニキビを隠すことはもちろん、併合してニキビを治すことも大切です。ですので今回紹介した方法を参考に、うまくニキビを隠しながらニキビの改善も行なっていきましょう。

 

肌に自信がなくついつい厚化粧をしているそこのアナタ、厚化粧は肌荒れを引き起こす原因になっているかもしれませんよ。ではなぜ厚化粧が肌荒れの原因になってしまうのか、その理由はもちろん肌荒れの改善方法まで詳しく解説していきます。

厚化粧で肌は荒れる?!

肌の気になる部分を少しでも隠そうとファンデーションやコンシーラーなどを必要以上に使ってしまい、厚化粧になってしまうこともあるでしょう。でも厚化粧になればなるほど、肌荒れを引き起こしやすくなってしまうんです。またあまり化粧が厚い女性は見た目よりも老けて見えることも多いうえ、男性からの印象もあまり良くありません。

そこで厚化粧で荒れてしまった肌をキレイにする方法や、そもそもなぜ厚化粧が肌に良くないかなどを徹底解説!厚化粧で肌荒れを隠しているアナタ、必見です。

厚化粧で肌荒れしている有名人

芸能人にはキレイな人も多く、あこがれている人も多いのではないでしょうか。でもそんな芸能人の中でも、実は肌荒れがひどく厚化粧をしていると言われている人もいます。ではそんな芸能人を詳しく見ていきましょう。

小嶋陽菜

厚化粧で肌荒れをしている有名人に、小嶋陽菜さんがいます。小嶋陽菜さんといえば言わずと知れた元AKBのメンバーで、「こじはる」の愛称でも知られています。とてもかわいらしい方ですが、実は肌荒れがひどくすっぴんが別人のようなんだとか…。そんな小嶋陽菜さんはテレビ出演の際、肌荒れを隠すため約2時間かけてメイクをするそうです。せっかくかわいらしい方なのに、肌荒れが酷いなんて残念ですよね。

桐谷美鈴

厚化粧で肌荒れしていると言われている有名人に、桐谷美鈴さんがいます。桐谷美鈴さんと言えば日本を代表する女優の一人、またCMなど幅広く活躍されている方ですよね。そんな桐谷さんですが、各男性雑誌の「化粧が厚い女優」で何度も1位に輝くほど厚化粧で有名なんだとか…。また某テレビドラマですっぴんに近い薄化粧を披露したときには、ネット上で肌荒れが酷い話題になったほどなんですよ。

厚化粧が肌に悪い理由

ではなぜ厚化粧をすると肌荒れをおこしてしまうのでしょうか。その原因を詳しく見ていきましょう。

ファンデーションが毛穴を塞いでしまうため

厚化粧の人は特にファンデーションを入念に塗る人も多いですよね。でもファンデーションをたっぷり肌に塗ると、毛穴を塞いでしまうんです。毛穴を塞いでしまうと肌は呼吸することができなくなり、肌荒れの原因に繋がります。また毛穴が詰まることで毛穴の開きや黒ずみ、ニキビなどの肌トラブルも引き起こしてしまうんですよ。

化粧品によっては油分が多く、ニキビにつながる

普段何気に使っている化粧品ですが、実は化粧品の中には油分が多く含まれているものも多くあります。油分が多く含まれている化粧品を大量に使うことで、ニキビができやすくなるんですよ。なぜならニキビの原因菌でもあるアクネ菌は、油分が大好物。そのため化粧品に含まれている油分をエサに大量に増殖してしまうからです。

ただでさえ厚化粧の人はファンデーションで毛穴を塞いでしまっている為ニキビができやすい状態の中、油分の多い化粧品を大量に使うことで一気にニキビが増えてしまうことも珍しくありません。

メイク落としや洗顔をサボるとより肌荒れの原因に

疲れて帰ってきたとき、メイクを落とすのが面倒でそのまま寝てしまうなんてこともありますよね。でもメイク落としや洗顔をサボると、油分の多い化粧品をたっぷり塗った肌にはかなりの負担になってしまいまい、肌荒れを引き起こしやすくなってしまうんですよ。

また厚化粧の場合、しっかり化粧を落とそうと入念にメイク落としや洗顔をする人もいるでしょう。でもしっかりメイクを落とそうとするあまり、手に力が入ってしまい肌に必要な油分まで落としてしまうことも少なくありません。そうなると肌が乾燥してしまったり肌バリアが低下してしまうため、肌荒れを引き起こす原因になってしまうんです。

厚化粧による肌荒れの改善方法

厚化粧によって荒れてしまった肌は、どうやってキレイな肌にすれば良いのか気になりますよね。そこで改善方法を詳しく紹介していきましょう。

腸内環境を整える

肌荒れを改善するためには、腸内環境を整えることも重要なポイントになります。なぜなら腸内環境が悪化し便秘が続くと体内の老廃物が腐敗して毒素を排出するのですが、その毒素が肌荒れを引き起こす原因になるからです。また腸内には善玉菌と悪玉菌がいるのですが、悪玉菌が増えると活性酸を発生させてしまうことから、肌細胞を傷つけてしまうことも肌荒れの原因になります。

ではどうやって腸内環境を整えれば良いのかというと、悪玉菌を減らし腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やせば良いのです。

善玉菌は

  • 善玉菌でもある乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食材を摂取する(ヨーグルト・チーズ・漬物などの発酵食品など)

  • 善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含む食材を摂取する(ゴボウ・玉ねぎ・バナナなど)

これらの食材を積極的に摂取すると増やすことができますよ。

また疲れやストレス、食生活の乱れなどでも腸内環境は悪化する為

  • 十分な睡眠

  • ストレスを溜めない

  • バランスのとれた食生活

なども意識すると良いでしょう。

バランスのとれた食事

肌荒れは食生活を改善することも大切です。そのため毎日3食バランスのとれた食事をするよう心がけましょう。

特に

  • 新陳代謝を高めターンオーバーを整えてくれるタンパク質                    ※牛、豚、鶏肉・豆腐などの大豆類・イワシ・マグロなど

  • 肌細胞の働きを正常にしてくれるビタミンA                              ※レバー・ほうれん草・ニンジンなど

  • 傷ついた肌を再生し肌を強くしてくれるビタミンB群                         ※うなぎ・納豆・バナナ・かぼちゃなど

  • 抗菌作用やコラーゲン生成に効果があるビタミンC                         ※ピーマン・ブロッコリー・イチゴ・キウイなど

  • 抗酸化作用があるビタミンE                                       ※ナッツ類・ひじき・大豆類

などは、肌荒れに効果が期待できる栄養素なので積極的に摂取するようにしてくださいね。

生活習慣の改善

肌荒れを改善するためにはターンオーバー(古い肌から新しい肌へと生まれ変わるサイクル)の乱れを整え、新しい肌を定期的に生まれ変わらせることも大切です。特に生活習慣の乱れや過度のストレスはターンオーバーの乱れに繋がるため、規則正しい生活を心がけましょう。では具体的にどういった生活を送れば良いのかというと

  • 最低6時間以上睡眠をとる                                       (眠っている間に肌細胞は活発になるため)

  • ゆっくりお風呂に浸かり血行を良くする                                (入浴はストレス解消にもつながります)

  • 適度な運動をする                                             (1日5~10分でも良いので、ウォーキングなどで体を動かしましょう)

  • できるだけ決まった時間に寝起きをする

などです。生活習慣を改善するだけで、ずいぶん肌荒れも良くなりますよ。

肌に優しい化粧品の使用

厚化粧によって肌荒れを引き起こしている肌は、肌バリアが低下しちょっとした刺激でも肌荒れを引き起こしやすくなっています。そのため化粧品もできれば低刺激の敏感肌用を選ぶようにしてください。では具体的にどんな化粧品が良いのかというと

  • 保湿力があるもの                                            (特に保湿効果が高いセラミドが配合されているものが良いです)

  • アルコール・香料・着色料などの肌に刺激になる物質がほとんど含まれていない

が良いです。でも敏感肌用の化粧品ってたくさんありすぎてどれが良いのか迷ってしまいますよね。そんな人にオススメなのが「NOV(ノブ)Ⅲ」シリーズです。

NOVⅢシリーズは、肌荒れや乾燥が気になる人のために作られた敏感肌用スキンケア用品で、有効成分には保湿成分スクワラン・アミノ酸・セラミド3を配合。肌荒れの改善はもちろん、肌のバリア機能を蘇らせることで肌荒れしにくい強い肌へと導いてくれます。また無香料・無着色なので、肌にも優しいです。

 

「NOVⅢ」の購入はこちらからできます

7日間お試しセット 1500円 送料無料

セット内容:メイク落とし・洗顔料・化粧水(しっとり)・化粧水(さっぱり)・乳液・保湿クリーム・保湿美容液

http://noevirgroup.jp/nov/lp/nov3_1601.aspx

薬やサプリメントの活用

肌荒れを効率的に改善したいのであれば、サプリメントがオススメ。

特に

  • 肌荒れを抑え肌にハリと潤いを与えるコラーゲン

  • 荒れた肌を整えるビタミン類

  • 肌の回復を助けてくれるプラセンタ

  • 皮膚の外側にある角膜層に不可欠なセラミド

などが配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。特にプラセンタやセラミドは食べ物からの摂取が難しいため、サプリメントで摂取すると良いですよ。

 

またあまりにも肌荒れが酷い場合は、皮膚科を受診するのも一つの手です。皮膚科では症状に合わせて肌荒れに効く薬を出してくれるのはもちろん、肌荒れ改善のアドバイスももらえます。ちなみに皮膚科で処方される肌荒れの主な薬に、保湿剤や炎症を抑えるステロイド剤などの塗り薬、かゆみに効果がある抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの飲み薬が処方されることが多いです。

厚化粧を見直して肌荒れを改善

厚化粧をすることで、肌荒れがどんどん悪化してしまうということがわかりましたよね。肌荒れを改善するためには普段の生活習慣はもちろん、化粧品選びも重要なポイントです。またあまり症状がひどいようであれば、一度病院で診てもらうのも良いでしょう。今まで厚化粧で肌荒れを隠していた人も今日から化粧品や食生活を見直して、素肌美人を目指してみてはいかがでしょうか。

「化粧でニキビ隠しをしたい」と考える人も多いですよね。でもやり方を間違ってしまうとニキビが悪化し、逆に目立ってしまうこともあります。そこでニキビを悪化させることなく上手にニキビを隠す化粧の仕方を徹底解説していきます。

化粧でニキビを隠したい!

ニキビができるとすごく目立つため、何とか化粧でニキビを隠そうと必要以上にファンデーションなどを厚く塗ったりして隠そうとする人も少なくありません。でもニキビができている肌はとてもデリケート!厚塗りなど間違った化粧方法はニキビが増えてしまったり、中々治らないなどトラブルに発展することも珍しくありません。そこでニキビを隠す化粧方法はもちろん、ニキビを早く治す方法も大公開!ニキビで悩んでいるそこのアナタ、今日から賢く化粧をしてニキビに悩まない日々を過ごしましょう。

ニキビがあっても化粧は必要?

そもそもニキビができている時の化粧は、肌に負担がかかるからやめた方が良いのでは?と考える人もいますよね。では実際どうなのか詳しく見ていきましょう。

ニキビは刺激に弱い!

ニキビができてる時の肌は、バリア機能も低下していることも多くとてもデリケート。ちょっとした刺激でも肌にダメージを与えてしまうことも少なくありません。そのため素肌の状態で外に出てしまうと、ダイレクトに紫外線のダメージを受けてしまいます。

紫外線をダイレクトに浴びることで

  • 活性酸素が増えてしまい、ニキビの炎症がひどくなってしまう

  • バリア機能が低下し肌が乾燥することで、皮脂が過剰分泌しニキビができやすくなる

  • 肌を紫外線から守るため皮脂が厚くなることで、毛穴が詰まりやすくなる

などニキビが悪化したりできやすい状況を作り出してしまうんですよ。ですので化粧を全くしないというのも良くありません。

化粧の厚塗りはNG

ニキビができると、ついつい厚塗りして隠そうとする人もいるでしょう。でも厚塗りは良くないんです。なぜならあまり化粧を厚く塗りすぎてしまうと、洗顔をしっかり行っても汚れが残る可能性があります。汚れが残ってしまうと毛穴詰まりの原因になり、新たにニキビができてしまったり悪化してしまうんです。

ニキビが新たにできてしまったり悪化してしまうと、そのニキビたちを隠すためさらに化粧を厚塗りする必要が出てきてしまい、悪循環を引き起こしてしまいます。そのため化粧の厚塗りは避けましょう。

ニキビ隠しには下地?コンシーラー?

ニキビをうまく隠す場合、化粧下地やコンシーラーを使うことが多いですが、ではそれぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

下地のポイントは「お肌に優しい成分」

ニキビができている肌は肌バリア機能も低下しているため、ちょっとした刺激でも肌トラブルを引き起こしてしまうことも少なくありません。そんな中刺激の強い化粧下地を付けてしまうと、ニキビを悪化させる原因にもなってしまうので、お肌にやさしい成分のものを選ぶようにしましょう。特に人工香料や着色料・パラベン・アルコール類は肌に負担が掛かってしまうため避けてください。

ちなみにどれを買って良いのかわからないという人は、「ノブ ベースコントロールカラーUVナチュラルイエロー」がオススメ。ベースコントロールカラーUVナチュラルイエローは無香料・エタノール色素不要で低刺激なのが特徴の下地です。また自然な黄色のカラーで、ニキビからくる赤みをしっかり隠してくれます。紫外線防止効果はもちろん、ヒアルロン酸やスクワラン配合で、肌を整えニキビ解消にも一役買ってくれるんですよ。

 

購入はこちらから

内容量:30g  価格:2700円(税込)

http://noevirgroup.jp/nov/g/g52307/

コンシーラーのポイントは「化粧に馴染ませる」

コンシーラーを使ってニキビ隠しをしようとしても、手に力が入ってしまい逆にニキビが目立ってしまうことが多いんです。では簡単にニキビ隠しを行うためにはどうすれば良いのかというと、「コンシーラーブラシ」がオススメ。コンシーラーブラシを使うことで手に余計な力が入らないため、うまく馴染ませることができるんです。

コンシーラーブラシを使うポイントですが、肌と垂直になるように持ちやさしく馴染ませていきましょう。その後ファンデーションを抑えるように馴染ませていくと、ニキビがキレイに隠れますよ。

思春期ニキビと大人ニキビの違い

ニキビには思春期ニキビと大人ニキビの2種類あることを知っていますか?ではそれぞれの特徴を詳しく見ていきましょう。

思春期ニキビは皮脂の過剰分泌が原因

思春期ニキビとは、主に10代の思春期の時期にできるニキビのことを言うんです。思春期には急激な体の成長に伴い、成長ホルモンがたくさん分泌されます。この成長ホルモンが皮脂腺を刺激し、過剰に皮脂が分泌するため毛穴が詰まりニキビができるのです。そのため思春期ニキビは皮脂の分泌が多い、鼻や額などのTゾーンによくできる傾向にあります。

大人ニキビは生活の乱れが原因

大人ニキビとは思春期が終わり大人になってからできるニキビのことを言います。主な原因には睡眠不足・ストレス・飲酒や喫煙・間違ったスキンケアなど、生活習慣の乱れが主な原因です。

特にストレスや不規則な生活などでターンオーバー(肌の新陳代謝)が乱れると、古くなった角質が溜まることで毛穴が詰まりやすくなることでニキビができやすくなります。また肌の乾燥もニキビの原因の一つです。肌が乾燥すると肌を守るため皮脂が過剰に分泌されてしまい、ニキビができやすくなります。ですので大人ニキビの場合は、肌が乾燥しやすい顎などのUゾーンにできる傾向にあるんです。

思春期ニキビと大人ニキビ、できやすい場所もできる原因も全然違いますので、それぞれの原因をしっかり覚えておいてくださいね。

化粧をする前にできること

化粧をする前にしておくと良いことがあります。では何をしておくと良いのか詳しく見ておきましょう。

ニキビ撃退のポイントは「肌の水分と油分」

ニキビができた時、化粧水や乳液を使わないという人もいるでしょう。特に乳液はニキビの原因になる油分を足してしまうため、避けた方が良いなんて言われています。でも乳液は肌内の水分が外へ蒸発してくれるのを防いでくれるため、実は乾燥が原因のニキビにはとても大切なアイテムなんです。

特に大人ニキビの場合乾燥が原因でニキビができることが多いため、化粧水はもちろんのこと乳液も使い、水分を外に逃がさないようにすることがニキビ改善の近道になります。

化粧をする前にもしっかり保湿しよう

化粧をする時、特に保湿などをせずそのまま化粧を行う人も多いのではないでしょうか。でも乾燥した状態の肌に直接化粧をしてしまうと、毛穴やニキビ跡などの凹凸、シワなどが目立ちやすくなってしまいます。また乾燥した状態で化粧を行うと、より肌が乾燥してしまうためニキビができやすくなる原因になってしまうんです。そのため化粧を行う前にも、しっかり化粧水を付け、肌に潤いを与えてあげてくださいね。

簡単にニキビを治せるシールがある?

最近若い女性の間で話題となっている「ニキビを治せるシール」の存在を知っていますか?シールを貼るだけでニキビが治ったら嬉しいですよね。そこでニキビシールについて詳しく解説していきましょう。

シールを貼れば寝ている間にニキビが治る!

ニキビシールとは殺菌作用や抗酸化作用のある有効ールのことです。このシールを8~12時間程度患部に貼るだけ。とても手軽なうえ、シールタイプなので寝具などを汚すこともないので、寝ている間に貼っておけるという点も人気を集めている理由です。

ニキビシールは元々韓国でニキビを治す方法として利用されていたシールなので、韓国メーカーのものが多いですが、最近では日本メーカーのものも出てきています。ちなみに日本メーカーのものだと小林製薬の「ビフナイトパッチ」がオススメ。ビフナイトパッチは殺菌成分「イソプロピルメチルフェノール」と、抗炎症成分「β-グリチルレチン酸」配合。寝ている間にこれらの有効成分が、ニキビにしっかり働きかけてくれます。値段も500円以下と手軽なのも嬉しいですよね。

 

購入はこちらから

楽天 入り数:16枚入り 価格:430円(税込)

http://item.rakuten.co.jp/genky/4987072006368v9/

ニキビ薬+絆創膏で即席シール?

「急にニキビができてしまった、今あるニキビ薬で何とかしたい」そう考える人もいますよね。実はニキビ薬と絆創膏で即席のニキビシールを作ることができます。やり方は簡単。

  1. 洗顔後、化粧水と乳液で肌を整える

  2. ニキビ薬をニキビに塗る

  3. 絆創膏をニキビのサイズに合わせて切り、ニキビに貼る

ただこれだけでOKです。

とても簡単なので、興味のある人はぜひ試してみてください。

正しい化粧でニキビを撃退しよう!

ニキビができてしまった肌には、全く化粧をしないのも良くないですし、逆に厚化粧もNGということがわかりましたよね。また化粧下地やコンシーラーをうまく使うことで、ニキビは上手に隠すことができます。

ただ化粧でニキビを隠すことはもちろん、併合してニキビを治すことも大切です。ですので今回紹介した方法を参考に、うまくニキビを隠しながらニキビの改善も行なっていきましょう。

 

買ってはいけない化粧品があるって、知ってましたか?コマーシャルでいいこと言ってるし、どれもお肌に良い感じがしますよね。でも、化粧品にはお肌や体に良くない影響を与える成分が使われているのも事実です。一体どのように良くないのか、検証しました。

買ってはいけない化粧品なんてある?

どんな化粧品が「買ってはいけない」のでしょうか?実は、化粧品には多くの化学合成物質が含まれています。腐敗を防止したり、使用感を良くするために使われるのですが、それらは体に有害だったり、長く使うことで大きな影響を与えるものがあります。

危険な化粧品成分が体に与える影響

現在、化粧品の添加物として認められているのは、7000種類以上にものぼるそうです。その中でも安全性のテストを通過したものは半数以下ということです。これらの添加物の中で特に危険とされる化学合成物質が、実際にどのような影響を与えるのか見ていきましょう。

発がん性

発がん性を疑われる成分があります。タール色素(200号台)や、紫外線吸収剤の一部、殺菌剤、防カビ剤や酸化防止剤として使われている成分の一部に危険性があると指摘されています。

環境ホルモン作用

環境ホルモンの作用を起こす成分もあります。環境ホルモンとは、人間が分泌するホルモンのバランスをかく乱するもので、発がん促進作用や肝機能不全、精子の減少や奇形児などの影響が懸念されています。 紫外線吸収剤や界面活性剤などにその恐れがあるとされています。

花粉症やアトピーの原因

近年、花粉症の患者が増え続けていますが、その原因のひとつに化学合成物質の蓄積が指摘されています。皮膚から吸収し蓄積することで、免疫力を低下させるということです。

経皮毒と言われる理由

このような化学合成物質の被害は、肌荒れのようにすぐに表面に現れるものならまだいいのですが、皮膚や粘膜から吸収されて蓄積することが非常に危険であると言われます。このように体に有害な物質が吸収されることを「経皮毒」といいます。

有害物質は皮膚や粘膜から吸収される

化学物質を口から摂取した場合は、肝臓を経由して解毒作用が行われるので、その分影響も少なくなりますが、皮膚や粘膜から吸収した有害物質は、肝臓で解毒されることなくそのまま蓄積されていきます。皮膚から吸収した場合の分解率は、肝臓での解毒に比べ、わずか2%ということです。

強い毒性

このように解毒処理が行われず、遅い代謝で排泄される化学物質は、先にみたように強い毒性を持つものもあります。蓄積されたものはすぐに影響を出すことはなくても、長い時間をかけて蓄積するので、いつ大きな健康被害を起こすかわからないとされています。

高い浸透力

界面活性剤をはじめ、化粧品に使われている化学合成物質は、非常に小さい分子の集合体です。そのため、とても高い浸透力で皮膚に吸収されます。

残留、蓄積されやすい

化粧品は毎日のように使用するものです。少しづつ、有害物質が皮下組織に溜まっていくことになります。一度吸収された有害物質は皮下脂肪に蓄積されたり、血流に乗り体全体を巡ります。

化学合成物質の多くは分子が小さいうえに脂溶性なので、皮下脂肪だけでなく、脳にも蓄積されやすく、女性なら子宮に溜まりやすいと言われています。

危険な化粧成分とは

化粧品に含まれる化学合成物質の中でも特に危険な成分は、以下のものです。

タール色素

発がん性物質の代表格のようなものです。青色1号はラット実験で発がん性が認められています。EC諸国では使用を禁止されているものです。成分表示を見て使用されている場合は、避けた方がいいでしょう。200号台も発がん性が指摘されていますので、口紅などを購入の際は注意してください。

合成界面活性剤

界面活性剤の中でも石油からできた合成界面活性剤は、強いタンパク質変成作用があります。肌バリアを破壊し、アトピーやかぶれの原因ともなります。

皮膚は通常、有害物質から守られるために皮脂膜で覆われています。しかし石油系界面活性剤は、その皮脂膜を破るほど浸透力が強く、皮膚を通して血液中にまで入り込んでいきます。

保湿剤、潤湿剤

界面活性剤は皮脂膜を溶かし、お肌のバリアを破壊しますが、それを補うために保湿効果を持つ化学合成物質を配合している場合が多くあります。「皮膚に潤い」という効能を掲げる化粧品もよくありますよね。これらは一時的に潤いを与えますが、長く使用すると肌荒れや、乾燥肌の原因にもなると言われています。

防腐剤、殺菌剤

化粧品の劣化を防ぐために防腐剤や殺菌剤が使用されます。防腐剤の代表的なものはパラペンですが、発がん性や環境ホルモンの危険性があるとされています。人によってはアレルギーの原因になるとも言われています。

酸化防止剤

製品の変質を防ぐために酸化防止剤も使用されています。酸化防止剤の中にも、BHTやBHAなど、発がん性が確認されていたリ環境ホルモンと認定されている成分があります。

オーガニックコスメは安全?

最近人気を集めているオーガニックコスメ。なんだかとてもお肌に良さそうに思えますよね。でも、本当にお肌には何の問題もないんでしょうか?化学合成物質の使用状況も気になりますね。

「オーガニック」表示に基準はない

オーガニックコスメと聞くと、成分のすべてがオーガニックと思う人も多いでしょう。でも日本では、「オーガニック」と表示することに規定があるわけではないのです。含まれる成分の中で、ひとつだけオーガニックのものがあるだけでも「オーガニックコスメ」と表示しているコスメも多いというのが実情のようです。

植物にも毒はある

オーガニックコスメは、植物成分を使用していることでお肌に優しいことを強調したりもします。しかし植物だから安全ということはなく、アレルギーを起こす場合もあり、実際に石鹸で大きな被害を出した例も存在します。

また、界面活性剤も植物由来のものがあり、それを使用することで安全をうたう商品がありますが、界面活性剤は石油系も植物由来も、肌に対する影響は同じとされています。問題は、どちらが使われているかではなく、使われている量にあるようです。配合量が多ければ肌への影響は大きいということになります。

化学物質が多く使用されているものも

オーガニックコスメと言っても、防腐剤や他の化学合成物質を使用しているものは多くあります。また、防腐剤等の無添加をうたい文句に売り上げを伸ばす化粧品もありますが、防腐剤が入ってなくても腐らないということは、他の化学合成物質が入っているということでもあります。成分表示はよく確かめましょう。

医薬部外品は大丈夫?

医薬部外品とされている化粧品もあります。通常の化粧品との違いは、効果を認められた有効成分が入っている場合が医薬部外品で、入っていないものが化粧品というものです。そうすると、医薬部外品の方がお肌に良さそうな感じがしますよね。しかし、そういうわけでもないようです。

全成分の表示義務がない

化粧品には全成分の表示義務がありますが、医薬部外品にはそのような表示義務がありません。そのため、有効成分が少しでも入っていれば、他に良くない成分が入っていても成分表示を免れるということにもなるのです。医薬部外品には、有害な成分が表示されていない可能性があり、注意が必要です。

ドモホルンリンクルは危険?

コマーシャルでよく見かけるドモホルンリンクル。無料でお試しセットがもらえて、お肌に良さそうな印象も受けます。サンプルは無料だけど、7点ある商品を全部揃えると月3万円にもなるという高価な化粧品です。その安全性はどうなのでしょうか?

主な成分

ドモホルンリンクルは、多くの植物成分が配合されています。保湿成分も化学物質ではなく、パームやヤシを使っています。全体的に化学合成物質は少ない印象を受けますが、防腐剤のパラペンは使用しています。

界面活性剤は入っている

気になる界面活性剤は、ドモホルンリンクルにも使われています。水と油を混ぜるために、界面活性剤は化粧品にどうしても欠かせないとも言えます。ドモホルンリンクルでは、植物由来のものが使われています。

安全な化粧品とは

安全な化粧品とは、有害な化学合成物質を含まないものを言います。化粧品は2001年4月以降に全成分を表示することが義務付けられてましたが、それ以前は特に毒性の強い成分が指定され、表示が義務付けられていました。それらを旧指定成分といいますが、全成分表示になってから、それら毒性の強い成分が埋もれてしまった感じでもあります。

旧指定成分とは、次のようなものです。

 

  • 防腐剤・殺菌剤:ソルビン酸、パラベン、デヒドロ酢酸など

  • 陰イオン性界面活性剤:ラウリル硫酸塩など

  • 変質防止剤(酸化防止剤):エデト酸など

  • タール系色素:青色○号、赤色○号など

  • 油分:ベンジルアルコール など

 

化粧品を購入の際は成分表示をチェックし、少なくとも旧指定成分が含まれるものは買わないようにしたいものです。

有害な成分を含まない化粧品

化学合成物質を含まず、安全と言われている化粧品をいくつかご紹介したいと思います。

【オーブリーオーガニクス】

1967年にアメリカで創立された化粧品メーカーです。安全な化粧品といえば、必ずと言っていいほどオーブリーオーガニクスの化粧品が取り上げられます。石油系合成化学成分は一切使用せず、全ての製品が100%天然由来の成分で出来ています。使用する植物もオーガニックです。化粧品会社としては初めて、「国際品質保証協会QAI」により、オーガニック製品取扱業者の認定を受けています。

原料の植物は民間伝承されているハーブで、野生や有機栽培で育てられた物を使用しています。

 

ミトクオンラインショップ(オーブリーオーガニクス日本正規輸入代理店)

http://www.31095.jp/guide/concept/cosume/aubrey/

【パックスナチュロン】

環境に優しい石鹸製品を販売する会社で作られた化粧品です。合成界面活性剤を使っていません。天然成分だけのシンプルな成分にはホッとさせられます。2回目以降は詰め替え用が買えるのも、うれしいところ。石鹸系のナチュロンシャンプーもおすすめです。

 

太陽油脂株式会社 公式サイト

http://www.taiyo-yushi.co.jp/soap/products/facial/index.html#fa2

買ってはいけない化粧品は本当にあった。成分表示は必ず確かめたい

 

化粧品の危険な成分を見てきました。すぐにお肌への影響がなくても、体に浸透して蓄積していくのは怖いです。特に、発がん性や環境ホルモン作用のあるものは絶対避けたいですね。自分の未来のためにも、化粧品は良いものを選んで行きたいものです。使用感や浸透力の良さをうたう商品には要注意。成分表示は必ず確認しましょう。