化粧や化粧品に対する疑問を解決!

 

化粧水を買ったのに肌に合わずニキビができる・・・実はそんな経験がある人は多くいるはず。自分で気づいていなくても、突然できたニキビの原因が化粧水だったというケースは多いんです。正しい化粧水の選び方を学んでニキビにさよならしましょう!

化粧水つけるとニキビができる!?そんなことってあるの?

化粧水は洗顔後1番最初に肌につけるものです。潤いを染み込ませ、肌を整える役割がありますよね。でも実は肌に1番近い存在だからこそ、良くも悪くもダイレクトに影響を受けてしまうんです。化粧水がその人の体質に合わなければ肌荒れを引き起こす原因になりますし、ニキビができてしまう可能性も十分にあります。詳しい原因と予防法を見ていきましょう。

ニキビって?

尋常性ざ瘡

私たちがニキビと呼んでいるものの正式名称は尋常性ざ瘡(じんじょうせいざそう)という一種の皮膚の病気です。特に中学生の年代、思春期に発症しやすく、その原因はホルモンバランスの大きな変化であることがほとんどです。この尋常性ざ瘡、いわゆるニキビは男性にも女性にも現れ、軽いものも含めると成人の9割以上もの人が経験しています。

ニキビの種類

ニキビには様々な種類があります。白ニキビとはニキビ発生の初期段階のもので、皮脂が白く毛穴に詰まっている様子です。黒ニキビとは、毛穴に詰まった汚れが表面に出てくることで酸化して黒く変色している状態のこと。赤ニキビはニキビが炎症を起こした状態で、さらに炎症が化膿すると黄ニキビとなります。

また、思春期ニキビはその名の通り思春期にできやすいニキビのことで、おでこや鼻、頬に多発します。大人ニキビは成人にできるニキビのことで、顎などのフェイスラインにできやすいのが特徴です。

ニキビの原因

これらのニキビの原因は主に皮脂が過剰に分泌されることによる毛穴詰まりであることがほとんどです。特に思春期はホルモンの影響で皮脂が過剰に分泌されるためニキビができやすいんですね。

そして以外なのは便秘。大人ニキビに多いですが、体の老廃物が排出されずにニキビとして現れることがあるんです。しかしこれは珍しい例で、多くは皮脂分泌量や肌の水分量が原因となります。

間違った化粧水選びがニキビをつくる?

アナタは脂性肌ではありませんか?

肌の大敵は乾燥であるからといって保湿に優れた化粧水を使っていたら、なぜかニキビが・・・。そんな経験のある人は脂性肌である可能性が高いです。脂性肌とは油分や皮脂が過剰に分泌される肌のことで、肌に必要な潤いはその油分によって既にまかなわれています。

正しい洗顔・スキンケアがポイント!

脂性肌はオイリー肌とも呼ばれ、その過剰に分泌された油分を取り除き、防ぐような洗顔方法・スキンケアを行うことが大切です。

皮脂は温度が高くなると溶ける性質をもっているため、まず初めにぬるま湯で顔の汚れを流しましょう。その後、洗顔料をしっかりと泡立て、Tゾーンから頬、頬から目元口元、と順番に洗っていきましょう。洗い流す際もぬるま湯で、優しく流してくださいね。

油分を取り除いたら、水分を補おう

オイリー肌は、水分による潤いが不足しているため皮脂によって補おうとして引き起こされています。洗顔によって余分な油分を取り除いたら、肌に水分を与えましょう。ここで登場するのが化粧水です。水分量が多く、かつ肌から水分を逃がさない化粧水を使用します。次からはオイリー肌の人が化粧水を選ぶポイントをご紹介します。

オイリー肌の方へ!おすすめ化粧水って?

ノンコメドジェニックの化粧水

ノンコメドジェニックとは、ニキビができやすくなるような成分を使用していないこと。化粧品の中には、ニキビを引き起こすような成分が含まれている製品もあります。ノンコメドジェニックの化粧水を選び、ニキビの発生を避けましょう。

ふきとり化粧水

ふきとり化粧水とは、化粧水を染み込ませたコットンで、肌の汚れをふき取るための化粧水です。丁寧に念入りに洗顔していても、流しきれなかった洗顔料や皮脂が肌に残っている場合があります。その汚れを綺麗に除くために、ふきとり化粧水を使用するのもおすすめです。

保湿化粧水

保湿化粧水といっても油分の多いものを選ぶのではなく、肌の水分を増やし、逃がさないようなものをチョイスしましょう。肌の水分量が多くなることで皮脂の過剰分泌がおさまります。

ビタミンC誘導体配合の化粧水

ビタミンCは肌の毛穴を引き締める効果があります。毛穴が開いていると汚れがたまりやすく、皮脂もどんどん分泌されてしまいますが、毛穴がキュッと締まっていることで防ぐことができます。また、ビタミンC誘導体は水と相性が良いこともポイントです。

ほかのスキンケアは?

乳液・クリームはどうする?

肌の水分量が不足している場合、化粧水のみの使用だと水分がどんどん蒸発していきます。そのため、フタをするという意味で乳液やクリームは重要です。ただ、使用する際はさっぱりした付け心地のものを選び、付けすぎないように注意しましょう。

美容液はつけたほうがいい?

美容液は肌の奥深くに美容成分を染み込ませるものです。皮脂分泌を引き起こしたり、乾燥を引き起こすようなものではないため使用してもOKでしょう。ただ、テクスチャーがあまりにもこっくりとしているようなものは、肌が受け止めきれずにベタベタになってしまう場合もあるため、よく吟味して選んでくださいね。

マッサージクリームは?

むくみ防止や血行促進のためマッサージを行う際にクリームを使用する、という人もいらっしゃると思います。こちらも美容液同様、あまり心配はいりません。洗顔、化粧水、乳液の基本的なケアがしっかり行われていれば心配する必要はありませんよ。ベタベタするのが気になる方はティッシュオフすると良いでしょう。

オイリー肌に!市販化粧水おすすめランキング

ハトムギ化粧水

オイリー肌に大人気、お決まりのハトムギ化粧水は、水分量が多くさっぱりした付け心地です。低価格&大容量で、重ねれば重ねるほど水分が肌に浸透していきます。

ナチュリエ スキンコンディショナー (500ml、498円~)

amazon.co.jp

オルビス さっぱりタイプ

オルビスのさっぱりタイプの化粧水は、角層まで成分が浸透し、ニキビを防ぐ効果があるようです。付け心地はさっぱりしていて、オイリー肌の人にはぴったりです。

オルビス 薬用クリアローションL(さっぱりタイプ) (180ml、1,620円)

amazon.co.jp

ドクターシーラボ「VC100エッセンスローション」

ドクターシーラボのVC100エッセンスローションは、ビタミンC誘導体がたっぷりと配合された化粧水で、口コミサイトでは7つ星のうち5つ星以上を獲得しています。富士湾の海洋深層水を使用しているなど、お肌にとってもよさそうです。

ドクターシーラボ VC100エッセンスローション(150ml、3,796円~)

amazon.co.jp

ノブ ACアクティブ

ノブのACアクティブフェイスローションは、テカリやべたつきを抑えながらも肌に潤いを与え、にきびを予防できる化粧水です。肌荒れを防ぐ効果もあり、オイリー肌を改善できそうです。

ノブ ACアクティブフェイスローション(135ml、3,240円)

amazon.co.jp

オードムーゲ

オードムーゲの薬用ローションは肌の汚れや余分な皮脂を取り除いてくれる化粧水です。抗炎症作用もあり肌荒れが防げるほか、ニキビ原因菌を殺菌してくれます。オイリー肌×肌荒れの方にぴったりです。

オードムーゲ 薬用ローション(500ml、2,780円)

amazon.co.jp

ニキビの原因はさまざま。しっかり選んで予防してね!

いかがでしたか?自分の肌に合わせた化粧水を選ばないと、ニキビができてしまうということがわかりましたね。オイリー肌に限らず、肌の水分量は気をつけるべきポイントです。化粧水でニキビできる…なんてことにならないよう、紹介したポイントを意識してみてくださいね。