化粧や化粧品に対する疑問を解決!

肌に自信がなくついつい厚化粧をしているそこのアナタ、厚化粧は肌荒れを引き起こす原因になっているかもしれませんよ。ではなぜ厚化粧が肌荒れの原因になってしまうのか、その理由はもちろん肌荒れの改善方法まで詳しく解説していきます。

厚化粧で肌は荒れる?!

肌の気になる部分を少しでも隠そうとファンデーションやコンシーラーなどを必要以上に使ってしまい、厚化粧になってしまうこともあるでしょう。でも厚化粧になればなるほど、肌荒れを引き起こしやすくなってしまうんです。またあまり化粧が厚い女性は見た目よりも老けて見えることも多いうえ、男性からの印象もあまり良くありません。

そこで厚化粧で荒れてしまった肌をキレイにする方法や、そもそもなぜ厚化粧が肌に良くないかなどを徹底解説!厚化粧で肌荒れを隠しているアナタ、必見です。

厚化粧で肌荒れしている有名人

芸能人にはキレイな人も多く、あこがれている人も多いのではないでしょうか。でもそんな芸能人の中でも、実は肌荒れがひどく厚化粧をしていると言われている人もいます。ではそんな芸能人を詳しく見ていきましょう。

小嶋陽菜

厚化粧で肌荒れをしている有名人に、小嶋陽菜さんがいます。小嶋陽菜さんといえば言わずと知れた元AKBのメンバーで、「こじはる」の愛称でも知られています。とてもかわいらしい方ですが、実は肌荒れがひどくすっぴんが別人のようなんだとか…。そんな小嶋陽菜さんはテレビ出演の際、肌荒れを隠すため約2時間かけてメイクをするそうです。せっかくかわいらしい方なのに、肌荒れが酷いなんて残念ですよね。

桐谷美鈴

厚化粧で肌荒れしていると言われている有名人に、桐谷美鈴さんがいます。桐谷美鈴さんと言えば日本を代表する女優の一人、またCMなど幅広く活躍されている方ですよね。そんな桐谷さんですが、各男性雑誌の「化粧が厚い女優」で何度も1位に輝くほど厚化粧で有名なんだとか…。また某テレビドラマですっぴんに近い薄化粧を披露したときには、ネット上で肌荒れが酷い話題になったほどなんですよ。

厚化粧が肌に悪い理由

ではなぜ厚化粧をすると肌荒れをおこしてしまうのでしょうか。その原因を詳しく見ていきましょう。

ファンデーションが毛穴を塞いでしまうため

厚化粧の人は特にファンデーションを入念に塗る人も多いですよね。でもファンデーションをたっぷり肌に塗ると、毛穴を塞いでしまうんです。毛穴を塞いでしまうと肌は呼吸することができなくなり、肌荒れの原因に繋がります。また毛穴が詰まることで毛穴の開きや黒ずみ、ニキビなどの肌トラブルも引き起こしてしまうんですよ。

化粧品によっては油分が多く、ニキビにつながる

普段何気に使っている化粧品ですが、実は化粧品の中には油分が多く含まれているものも多くあります。油分が多く含まれている化粧品を大量に使うことで、ニキビができやすくなるんですよ。なぜならニキビの原因菌でもあるアクネ菌は、油分が大好物。そのため化粧品に含まれている油分をエサに大量に増殖してしまうからです。

ただでさえ厚化粧の人はファンデーションで毛穴を塞いでしまっている為ニキビができやすい状態の中、油分の多い化粧品を大量に使うことで一気にニキビが増えてしまうことも珍しくありません。

メイク落としや洗顔をサボるとより肌荒れの原因に

疲れて帰ってきたとき、メイクを落とすのが面倒でそのまま寝てしまうなんてこともありますよね。でもメイク落としや洗顔をサボると、油分の多い化粧品をたっぷり塗った肌にはかなりの負担になってしまいまい、肌荒れを引き起こしやすくなってしまうんですよ。

また厚化粧の場合、しっかり化粧を落とそうと入念にメイク落としや洗顔をする人もいるでしょう。でもしっかりメイクを落とそうとするあまり、手に力が入ってしまい肌に必要な油分まで落としてしまうことも少なくありません。そうなると肌が乾燥してしまったり肌バリアが低下してしまうため、肌荒れを引き起こす原因になってしまうんです。

厚化粧による肌荒れの改善方法

厚化粧によって荒れてしまった肌は、どうやってキレイな肌にすれば良いのか気になりますよね。そこで改善方法を詳しく紹介していきましょう。

腸内環境を整える

肌荒れを改善するためには、腸内環境を整えることも重要なポイントになります。なぜなら腸内環境が悪化し便秘が続くと体内の老廃物が腐敗して毒素を排出するのですが、その毒素が肌荒れを引き起こす原因になるからです。また腸内には善玉菌と悪玉菌がいるのですが、悪玉菌が増えると活性酸を発生させてしまうことから、肌細胞を傷つけてしまうことも肌荒れの原因になります。

ではどうやって腸内環境を整えれば良いのかというと、悪玉菌を減らし腸内環境を整えてくれる善玉菌を増やせば良いのです。

善玉菌は

  • 善玉菌でもある乳酸菌やビフィズス菌を多く含む食材を摂取する(ヨーグルト・チーズ・漬物などの発酵食品など)

  • 善玉菌のエサとなるオリゴ糖を含む食材を摂取する(ゴボウ・玉ねぎ・バナナなど)

これらの食材を積極的に摂取すると増やすことができますよ。

また疲れやストレス、食生活の乱れなどでも腸内環境は悪化する為

  • 十分な睡眠

  • ストレスを溜めない

  • バランスのとれた食生活

なども意識すると良いでしょう。

バランスのとれた食事

肌荒れは食生活を改善することも大切です。そのため毎日3食バランスのとれた食事をするよう心がけましょう。

特に

  • 新陳代謝を高めターンオーバーを整えてくれるタンパク質                    ※牛、豚、鶏肉・豆腐などの大豆類・イワシ・マグロなど

  • 肌細胞の働きを正常にしてくれるビタミンA                              ※レバー・ほうれん草・ニンジンなど

  • 傷ついた肌を再生し肌を強くしてくれるビタミンB群                         ※うなぎ・納豆・バナナ・かぼちゃなど

  • 抗菌作用やコラーゲン生成に効果があるビタミンC                         ※ピーマン・ブロッコリー・イチゴ・キウイなど

  • 抗酸化作用があるビタミンE                                       ※ナッツ類・ひじき・大豆類

などは、肌荒れに効果が期待できる栄養素なので積極的に摂取するようにしてくださいね。

生活習慣の改善

肌荒れを改善するためにはターンオーバー(古い肌から新しい肌へと生まれ変わるサイクル)の乱れを整え、新しい肌を定期的に生まれ変わらせることも大切です。特に生活習慣の乱れや過度のストレスはターンオーバーの乱れに繋がるため、規則正しい生活を心がけましょう。では具体的にどういった生活を送れば良いのかというと

  • 最低6時間以上睡眠をとる                                       (眠っている間に肌細胞は活発になるため)

  • ゆっくりお風呂に浸かり血行を良くする                                (入浴はストレス解消にもつながります)

  • 適度な運動をする                                             (1日5~10分でも良いので、ウォーキングなどで体を動かしましょう)

  • できるだけ決まった時間に寝起きをする

などです。生活習慣を改善するだけで、ずいぶん肌荒れも良くなりますよ。

肌に優しい化粧品の使用

厚化粧によって肌荒れを引き起こしている肌は、肌バリアが低下しちょっとした刺激でも肌荒れを引き起こしやすくなっています。そのため化粧品もできれば低刺激の敏感肌用を選ぶようにしてください。では具体的にどんな化粧品が良いのかというと

  • 保湿力があるもの                                            (特に保湿効果が高いセラミドが配合されているものが良いです)

  • アルコール・香料・着色料などの肌に刺激になる物質がほとんど含まれていない

が良いです。でも敏感肌用の化粧品ってたくさんありすぎてどれが良いのか迷ってしまいますよね。そんな人にオススメなのが「NOV(ノブ)Ⅲ」シリーズです。

NOVⅢシリーズは、肌荒れや乾燥が気になる人のために作られた敏感肌用スキンケア用品で、有効成分には保湿成分スクワラン・アミノ酸・セラミド3を配合。肌荒れの改善はもちろん、肌のバリア機能を蘇らせることで肌荒れしにくい強い肌へと導いてくれます。また無香料・無着色なので、肌にも優しいです。

 

「NOVⅢ」の購入はこちらからできます

7日間お試しセット 1500円 送料無料

セット内容:メイク落とし・洗顔料・化粧水(しっとり)・化粧水(さっぱり)・乳液・保湿クリーム・保湿美容液

http://noevirgroup.jp/nov/lp/nov3_1601.aspx

薬やサプリメントの活用

肌荒れを効率的に改善したいのであれば、サプリメントがオススメ。

特に

  • 肌荒れを抑え肌にハリと潤いを与えるコラーゲン

  • 荒れた肌を整えるビタミン類

  • 肌の回復を助けてくれるプラセンタ

  • 皮膚の外側にある角膜層に不可欠なセラミド

などが配合されているサプリメントを選ぶようにしましょう。特にプラセンタやセラミドは食べ物からの摂取が難しいため、サプリメントで摂取すると良いですよ。

 

またあまりにも肌荒れが酷い場合は、皮膚科を受診するのも一つの手です。皮膚科では症状に合わせて肌荒れに効く薬を出してくれるのはもちろん、肌荒れ改善のアドバイスももらえます。ちなみに皮膚科で処方される肌荒れの主な薬に、保湿剤や炎症を抑えるステロイド剤などの塗り薬、かゆみに効果がある抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬などの飲み薬が処方されることが多いです。

厚化粧を見直して肌荒れを改善

厚化粧をすることで、肌荒れがどんどん悪化してしまうということがわかりましたよね。肌荒れを改善するためには普段の生活習慣はもちろん、化粧品選びも重要なポイントです。またあまり症状がひどいようであれば、一度病院で診てもらうのも良いでしょう。今まで厚化粧で肌荒れを隠していた人も今日から化粧品や食生活を見直して、素肌美人を目指してみてはいかがでしょうか。