化粧や化粧品に対する疑問を解決!

 

化粧しない女の心理が気になったことはありませんか?化粧品を扱う仕事を長年していた私にとって、スッピンは服を着ないようなもの。化粧をしないで外を歩ける女性の気持ちがわからないのです。スッピン女性の心理と、気になる男性の意見を調査してみました。

化粧しない女って何考えてるの?

街中で化粧をせず疲れた顔のまま歩いている女性を見ると、ぎょっとしてしまうことがありますよね。長い間化粧品と携わってきた私は、「化粧は、女性の最低限の身だしなみ」だと思っています。

けれど、世の中には化粧をしたくないという女性も多い模様。化粧をしない・したくない女性は化粧をどのように捉えているのか。一緒に考えてみましょう。

アナタは化粧する派?しない派?

ネット掲示板でも化粧する派としない派があちこちで口論を繰り広げている様子。両者の間には、分かり合えない大きな壁があるようですね。

化粧すべき

一般的、道徳的、文化的に、若くない女性の素肌露出は中年おじさんがパンツとシャツで町中を歩くのと同じようにマナーの悪い行為です。それを見た人が不快と感じる行為です。

(引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp

化粧をするべき派の意見は、私と同じように「化粧は身だしなみである」という主張が大半です。トーンの強さは人それぞれ。化粧をせずに外に出るな、とまでは言わないが、勤務中や冠婚葬祭といった公の場では、マナーとして化粧をするべきだという意見が一番多いようです。

化粧する派はいつから化粧してた?

眉書きは中学から

アイラインアイシャドウは高校から

ファンデーションは大学から

今思うと変な順番w

(引用元:girlschannel.net

化粧する派の女性の多くは、中学~高校時代からメイクに興味を持っていたようです。元々おしゃれに関心がある女性だったのでしょう。

就職活動が始まり、みだしなみとしてメイクをし始めたという女性もいますが、どちらかというと少数派のようです。

スッピン派

「社会人としてのエチケットとして化粧するべき」とおっしゃる女性がすごく多いのです。

でも、なぜエチケットなのか、社会人女性ならなぜ化粧をしないとエチケットに反して、印象が悪いのかが分かりません。

(引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp

服装や髪型に気を配っていれば、身だしなみとして充分。化粧は必要ない!という、正反対の意見のようです。

化粧をしない人=身だしなみに気を使わないだらしない人、ではないようです。確かに洋服や髪型がきちんとしていて清潔感があれば、化粧の有無は気にならない気がしますね。

男性からの声は?

僕はノーメイクでもぜんぜんおkです。僕だけかもしれませんが、ノーメイクのほうが魅力的だとおもいます。

(引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp

一般的に、男性は派手なメイクが苦手のようです。ノーメイク大歓迎!という声が圧倒的に多い印象を受けました。

けれど、男性の思い描くノーメイク姿と、実際の女性のノーメイク姿の間には、かなり大きな差があります。素肌に自信がある目鼻立ちのくっきりした美人でない限り、この言葉を鵜呑みにするのは少々危険かもしれません。

大学生ならまだしも30前後まで化粧しない人は何処かしらおかしい人ばかりな気がする。

アレルギー持ちの人は別として。 (中略)

共通の友人の結婚式にスッピンで出てきて本当引いた。浮いてるし。

(引用元:2ch.sc

中には女性と同じように、公の場での女性の化粧はマナーであると捉える男性もいるようです。職場や冠婚葬祭でのノーメイクは、男性にも印象は良くないようです。

化粧したくない女性の心理

ネット上の意見をまとめてみると、「化粧をしなくてもきれいな人以外は、マナーとして化粧をするべきだ」という声が多いようです。

化粧はマナーという考えが多数を占めているのに、化粧をしたくない派は何故そこまで化粧を嫌がるのか。その心理を探ってみました。

肌への負担を考えて ・面倒臭い

いつも、ほぼスッピンです。毎日お化粧するの、大変じゃないですか?(中略)

顔が重くなる感覚と、毎日のクレンジングが面倒くさい、素肌に負担がかかるというのが化粧嫌いの理由です。

(引用元:cosme.net

今まではきちんと化粧をしていたけれど、肌への負担や面倒臭さから、化粧をすることが嫌になってしまう人もいます。

化粧品も日々進化しているので、そんな悩みを解決してくれる商品もたくさんあるのですが…。一度面倒になってしまうと、新たな化粧品探すのも面倒に感じてしまうのでしよう。

他人からどう見られるかに対する関心が薄い

私は「化粧なんてしなくてもよい」という考え方でした。

「大学には勉強しにいってるんだから。男探しにいってるんじゃないし」

などとも思っていましたね~~。

(引用元:oshiete.goo.ne.jp

他人からどう思われても気にならないから、メイクをしないという人もいます。元から全く気にしない性格の人もいますが、ほとんどの人は仕事や学業、育児に追われて、一時的に人目を気にする余裕がなくなっている模様。

スッピンでも自信がある

私はいつも周りの人達から肌がキレイだって誉められます。今まで肌トラブルになんてなたことがありません。透き通るような美肌だと周りの人達からいつも誉められます。だから化粧をする必要はありません。

(引用元:girlschannel.net

意外と多いのが、素肌やすっぴんに自信があるから化粧をしないという女性でした。

なにもしなくても肌がきれいなのは、素晴らしいし羨ましい!けれど、紫外線は肌に大きなダメージを与えるので、日焼け止め程度は塗ってほしいなと思ってしまいます。

外面<内面だから

化粧っていうのは、第一印象や見た目で可愛らしさを表現するだけで、本当の可愛らしさは内面から出るものでカバーできるのではと考えています♪♪

(引用元:oshiete.goo.ne.jp

洗ってしまえば剥げてしまう化粧でなく、内面からにじみ出る魅力で勝負!という人もいます。化粧をしていなくても、仕事や育児を頑張っている女性は輝いて見えるものですもんね。

男女差別感

女性の化粧はマナーだ、と言う人がいますが、それは男女差別にはならないんですか?女性だから化粧をするといのはおかしいと思うようになりました。

(引用元:oshiete.goo.ne.jp

女性にだけ化粧を押しつけるなんて、男女差別だ!と憤る人もいます。男性は男性で、ネクタイ着用やひげの手入れという、女性には必要ないお手入れもあります。暑い日でもネクタイを外せない男性も苦労が多いと思うので、個人的には差別ではないと思うのですが…。

性同一性障害

就活って化粧しないといけないんですか?

僕は一応身体は女です

昔から女であることが嫌で今高校生です

(引用元:chiebukuro.yahoo.co.jp

ごくごく少数ですが、身体は女性ですが心は男性という性同一性障害の人もいます。身体は女性でも、心は男性なので、服装はボーイッシュでメイクはもちろんしないそうです。

学生時代、そんな感じの人が学年にひとりはいたような気もしますね。

化粧しないというか、できない人も

化粧をしない派の女性の中には、化粧をしたいのに出来ない!という人もいます。化粧がしたくても出来ない人は、肌トラブルや職場の環境が原因の事が多いようです。

肌トラブルがある

アトピーの人や、敏感肌で、化粧品を使うと肌がひどく荒れてしまう人もいます。現在は無添加コスメやドクターズコスメなど肌荒れを起こしにくい化粧品もたくさん販売されていますが、何を使ってもダメだという人もいるようですね。

衛生管理の厳しい職場で化粧禁止

食品を扱うお店や、工場のクリーンルームなどは、異物混入の可能性から化粧を禁止しているところが多いです。化粧をしないで楽ちんと思う人もいるようですが、通勤途中の紫外線が気になるという悩みもあるようです。

化粧しない女が嫌いな人の心理は?

化粧をしない女性の心理を調べていると、化粧をしない人に対して攻撃的になる人が多いことに気付きます。化粧をしない女を嫌いになるのは、何故なのでしょうか。

スッピンは怠慢

化粧をしない女を嫌いになる一番の理由は、「女性の最低限のマナーである化粧をしないのは、だらしない」ということでした。「最低限のマナーを守れない人は、人間性にも問題がある」と、かなり厳しい意見を言う人も少なからずいるようです。

きれいな顔

化粧をしなくても、大きな目のきれいな顔立ちの美人には、嫉妬もあるでしょう。必死にアイメイクとマスカラで大きく見せようとした目が、化粧をしていない人に負けたら…。きっと、私も嫉妬してしまう気がします。

肌への嫉妬心

顔立ちだけでなく、素肌美への嫉妬も考えられますね。テレビを見ていると、女優さんよりも、あまりお肌のお手入れに関心がなさそうな女芸人さんのほうが肌がきれいだと感じることもあります。化粧をしないでもキレイなお肌を見たら、「私の毎日努力はなんなんだ!」と、嫉妬してしまいそうです。

芸能人はどう?

テレビや雑誌で見かける美しい芸能人は、やはり素顔からして美人なのでしょうか。

最近はニュースで芸能人のスッピンについて話題になることも多いですね。気になる芸能人の化粧事情を調べてみました。

仕事のときはもちろん、プライベートでもバッチリメイク

芸能人は人に見られるのが仕事。プライベートでもいつ誰に見られるかわからないので、撮影時に負けないしっかりメイクで過ごす人もいるようです。

メイクは仕事中のみ。あとはスッピン

撮影用のしっかりメイクは肌に負担になるので、プライベートはお肌を休めたい…。どちらかというと、プライベートはスッピンかナチュラルメイクで過ごしたい人の方が多いようです。

写真週刊誌が撮影した芸能人の写真に、マスク+サングラス姿が多いのは、スッピンを隠すためのものかもしれませんね。

ブログでスッピン写真を公開!

最近芸能ニュースでよく話題になるのが、芸能人が自分のブログで公開するスッピン写真。

スッピンでもさすが芸能人!と思う美しい人もいます。が、中には言われないとわからないようなギャップの激しいスッピン写真も。そんなスッピン写真を公開できる芸能人には、思わず親近感を抱いてしまいそうになります。

時代の流れで風潮は変わってくるもの

ここ数十年の日本では、化粧は女性の身だしなみという流れが強くなってきました。勤務中や冠婚葬祭時などは、事情がない限りはお化粧をしておくべきだと思う人が男女ともに多いようです。

けれど、最近は芸能人がこぞってスッピンを晒すようになりました。この流れから、また素肌の美しさが見直される時代が来るかもしれません。

 

化粧を義務だと思って嫌いになる女性がいることは悲しいことですので、私も早くそんな時代が来てほしいと思います。