化粧や化粧品に対する疑問を解決!

 

買ってはいけない化粧品があるって、知ってましたか?コマーシャルでいいこと言ってるし、どれもお肌に良い感じがしますよね。でも、化粧品にはお肌や体に良くない影響を与える成分が使われているのも事実です。一体どのように良くないのか、検証しました。

買ってはいけない化粧品なんてある?

どんな化粧品が「買ってはいけない」のでしょうか?実は、化粧品には多くの化学合成物質が含まれています。腐敗を防止したり、使用感を良くするために使われるのですが、それらは体に有害だったり、長く使うことで大きな影響を与えるものがあります。

危険な化粧品成分が体に与える影響

現在、化粧品の添加物として認められているのは、7000種類以上にものぼるそうです。その中でも安全性のテストを通過したものは半数以下ということです。これらの添加物の中で特に危険とされる化学合成物質が、実際にどのような影響を与えるのか見ていきましょう。

発がん性

発がん性を疑われる成分があります。タール色素(200号台)や、紫外線吸収剤の一部、殺菌剤、防カビ剤や酸化防止剤として使われている成分の一部に危険性があると指摘されています。

環境ホルモン作用

環境ホルモンの作用を起こす成分もあります。環境ホルモンとは、人間が分泌するホルモンのバランスをかく乱するもので、発がん促進作用や肝機能不全、精子の減少や奇形児などの影響が懸念されています。 紫外線吸収剤や界面活性剤などにその恐れがあるとされています。

花粉症やアトピーの原因

近年、花粉症の患者が増え続けていますが、その原因のひとつに化学合成物質の蓄積が指摘されています。皮膚から吸収し蓄積することで、免疫力を低下させるということです。

経皮毒と言われる理由

このような化学合成物質の被害は、肌荒れのようにすぐに表面に現れるものならまだいいのですが、皮膚や粘膜から吸収されて蓄積することが非常に危険であると言われます。このように体に有害な物質が吸収されることを「経皮毒」といいます。

有害物質は皮膚や粘膜から吸収される

化学物質を口から摂取した場合は、肝臓を経由して解毒作用が行われるので、その分影響も少なくなりますが、皮膚や粘膜から吸収した有害物質は、肝臓で解毒されることなくそのまま蓄積されていきます。皮膚から吸収した場合の分解率は、肝臓での解毒に比べ、わずか2%ということです。

強い毒性

このように解毒処理が行われず、遅い代謝で排泄される化学物質は、先にみたように強い毒性を持つものもあります。蓄積されたものはすぐに影響を出すことはなくても、長い時間をかけて蓄積するので、いつ大きな健康被害を起こすかわからないとされています。

高い浸透力

界面活性剤をはじめ、化粧品に使われている化学合成物質は、非常に小さい分子の集合体です。そのため、とても高い浸透力で皮膚に吸収されます。

残留、蓄積されやすい

化粧品は毎日のように使用するものです。少しづつ、有害物質が皮下組織に溜まっていくことになります。一度吸収された有害物質は皮下脂肪に蓄積されたり、血流に乗り体全体を巡ります。

化学合成物質の多くは分子が小さいうえに脂溶性なので、皮下脂肪だけでなく、脳にも蓄積されやすく、女性なら子宮に溜まりやすいと言われています。

危険な化粧成分とは

化粧品に含まれる化学合成物質の中でも特に危険な成分は、以下のものです。

タール色素

発がん性物質の代表格のようなものです。青色1号はラット実験で発がん性が認められています。EC諸国では使用を禁止されているものです。成分表示を見て使用されている場合は、避けた方がいいでしょう。200号台も発がん性が指摘されていますので、口紅などを購入の際は注意してください。

合成界面活性剤

界面活性剤の中でも石油からできた合成界面活性剤は、強いタンパク質変成作用があります。肌バリアを破壊し、アトピーやかぶれの原因ともなります。

皮膚は通常、有害物質から守られるために皮脂膜で覆われています。しかし石油系界面活性剤は、その皮脂膜を破るほど浸透力が強く、皮膚を通して血液中にまで入り込んでいきます。

保湿剤、潤湿剤

界面活性剤は皮脂膜を溶かし、お肌のバリアを破壊しますが、それを補うために保湿効果を持つ化学合成物質を配合している場合が多くあります。「皮膚に潤い」という効能を掲げる化粧品もよくありますよね。これらは一時的に潤いを与えますが、長く使用すると肌荒れや、乾燥肌の原因にもなると言われています。

防腐剤、殺菌剤

化粧品の劣化を防ぐために防腐剤や殺菌剤が使用されます。防腐剤の代表的なものはパラペンですが、発がん性や環境ホルモンの危険性があるとされています。人によってはアレルギーの原因になるとも言われています。

酸化防止剤

製品の変質を防ぐために酸化防止剤も使用されています。酸化防止剤の中にも、BHTやBHAなど、発がん性が確認されていたリ環境ホルモンと認定されている成分があります。

オーガニックコスメは安全?

最近人気を集めているオーガニックコスメ。なんだかとてもお肌に良さそうに思えますよね。でも、本当にお肌には何の問題もないんでしょうか?化学合成物質の使用状況も気になりますね。

「オーガニック」表示に基準はない

オーガニックコスメと聞くと、成分のすべてがオーガニックと思う人も多いでしょう。でも日本では、「オーガニック」と表示することに規定があるわけではないのです。含まれる成分の中で、ひとつだけオーガニックのものがあるだけでも「オーガニックコスメ」と表示しているコスメも多いというのが実情のようです。

植物にも毒はある

オーガニックコスメは、植物成分を使用していることでお肌に優しいことを強調したりもします。しかし植物だから安全ということはなく、アレルギーを起こす場合もあり、実際に石鹸で大きな被害を出した例も存在します。

また、界面活性剤も植物由来のものがあり、それを使用することで安全をうたう商品がありますが、界面活性剤は石油系も植物由来も、肌に対する影響は同じとされています。問題は、どちらが使われているかではなく、使われている量にあるようです。配合量が多ければ肌への影響は大きいということになります。

化学物質が多く使用されているものも

オーガニックコスメと言っても、防腐剤や他の化学合成物質を使用しているものは多くあります。また、防腐剤等の無添加をうたい文句に売り上げを伸ばす化粧品もありますが、防腐剤が入ってなくても腐らないということは、他の化学合成物質が入っているということでもあります。成分表示はよく確かめましょう。

医薬部外品は大丈夫?

医薬部外品とされている化粧品もあります。通常の化粧品との違いは、効果を認められた有効成分が入っている場合が医薬部外品で、入っていないものが化粧品というものです。そうすると、医薬部外品の方がお肌に良さそうな感じがしますよね。しかし、そういうわけでもないようです。

全成分の表示義務がない

化粧品には全成分の表示義務がありますが、医薬部外品にはそのような表示義務がありません。そのため、有効成分が少しでも入っていれば、他に良くない成分が入っていても成分表示を免れるということにもなるのです。医薬部外品には、有害な成分が表示されていない可能性があり、注意が必要です。

ドモホルンリンクルは危険?

コマーシャルでよく見かけるドモホルンリンクル。無料でお試しセットがもらえて、お肌に良さそうな印象も受けます。サンプルは無料だけど、7点ある商品を全部揃えると月3万円にもなるという高価な化粧品です。その安全性はどうなのでしょうか?

主な成分

ドモホルンリンクルは、多くの植物成分が配合されています。保湿成分も化学物質ではなく、パームやヤシを使っています。全体的に化学合成物質は少ない印象を受けますが、防腐剤のパラペンは使用しています。

界面活性剤は入っている

気になる界面活性剤は、ドモホルンリンクルにも使われています。水と油を混ぜるために、界面活性剤は化粧品にどうしても欠かせないとも言えます。ドモホルンリンクルでは、植物由来のものが使われています。

安全な化粧品とは

安全な化粧品とは、有害な化学合成物質を含まないものを言います。化粧品は2001年4月以降に全成分を表示することが義務付けられてましたが、それ以前は特に毒性の強い成分が指定され、表示が義務付けられていました。それらを旧指定成分といいますが、全成分表示になってから、それら毒性の強い成分が埋もれてしまった感じでもあります。

旧指定成分とは、次のようなものです。

 

  • 防腐剤・殺菌剤:ソルビン酸、パラベン、デヒドロ酢酸など

  • 陰イオン性界面活性剤:ラウリル硫酸塩など

  • 変質防止剤(酸化防止剤):エデト酸など

  • タール系色素:青色○号、赤色○号など

  • 油分:ベンジルアルコール など

 

化粧品を購入の際は成分表示をチェックし、少なくとも旧指定成分が含まれるものは買わないようにしたいものです。

有害な成分を含まない化粧品

化学合成物質を含まず、安全と言われている化粧品をいくつかご紹介したいと思います。

【オーブリーオーガニクス】

1967年にアメリカで創立された化粧品メーカーです。安全な化粧品といえば、必ずと言っていいほどオーブリーオーガニクスの化粧品が取り上げられます。石油系合成化学成分は一切使用せず、全ての製品が100%天然由来の成分で出来ています。使用する植物もオーガニックです。化粧品会社としては初めて、「国際品質保証協会QAI」により、オーガニック製品取扱業者の認定を受けています。

原料の植物は民間伝承されているハーブで、野生や有機栽培で育てられた物を使用しています。

 

ミトクオンラインショップ(オーブリーオーガニクス日本正規輸入代理店)

http://www.31095.jp/guide/concept/cosume/aubrey/

【パックスナチュロン】

環境に優しい石鹸製品を販売する会社で作られた化粧品です。合成界面活性剤を使っていません。天然成分だけのシンプルな成分にはホッとさせられます。2回目以降は詰め替え用が買えるのも、うれしいところ。石鹸系のナチュロンシャンプーもおすすめです。

 

太陽油脂株式会社 公式サイト

http://www.taiyo-yushi.co.jp/soap/products/facial/index.html#fa2

買ってはいけない化粧品は本当にあった。成分表示は必ず確かめたい

 

化粧品の危険な成分を見てきました。すぐにお肌への影響がなくても、体に浸透して蓄積していくのは怖いです。特に、発がん性や環境ホルモン作用のあるものは絶対避けたいですね。自分の未来のためにも、化粧品は良いものを選んで行きたいものです。使用感や浸透力の良さをうたう商品には要注意。成分表示は必ず確認しましょう。